送料700円、5千円以上送料無料

Home » 会社情報  » 神戸夢物語の誕生秘話

神戸夢物語の誕生秘話

生チョコのお菓子作りへの思い

和菓子がアイテム的にも80%を占める弊社において、かねてから生チョコを素材とした和洋折衷のお菓子を作りたいと思っていました。 それは、徳島の老舗和菓子屋 ハレルヤ製菓 (当店の直系にあたります)を代表する菓子“金長まんじゅう”に、チョコレートを 使っており和菓子にも合う味だと思っていたことと、“神戸銘菓”“神戸ブランドのお菓子”が意外にも少ないと感じていたからです。

3代目となった私〜神戸物語の誕生

そうこう考えていた矢先、平成15年8月に、地域密着型のコンセプトであった阪急御影駅前店を撤退し、なんとかしなくてはならない 状況に陥りました。 そして、同年11月には、父より私へ経営をバトンタッチ、3代目となりました。「思い切ってやり方をかえなければならない」と感じた私は、 新しい神戸ブランドのお菓子づくりにチャレンジしようと決意しました。

それから色々なお店を見て歩き、
『これまでの神戸に無いお菓子』『神戸らしさを表現できる』
『これまでの神戸ハレルヤの伝統の技と味・ノウハウを最大限活かせるお菓子』
として研究を重ねた結果、誕生したのが、生チョコクッキー(サブレ)の『神戸夢物語』の前身(神戸物語)でした。

神戸夢物語

ルミナリエ商戦での好感触

12月のルミナリエ商戦までに間に合わせようと1ヶ月という短い期間でしたが、神戸物語(神戸夢物語の前身)を全力で完成させました。 お菓子自体は満足いくものが出来上がりましたが、パッケージはなく、既成の個装形態のままの利用といった形での見切り発車でした。

ただ、この神戸物語が予想以上に好評で、これはしっかりとした商品に仕上げ、絶対に神戸銘菓にしたいという夢を強く抱きました。

私は、当時より自分が心の師と仰いでいた人より、
『夢には見ない夢、見る夢、そしてかなえる夢があるのだ。それならばその夢に対してどんなに遠くてもたどりついてみせる。 永遠に続く夢への挑戦!!それこそが私の生きている目的である。』
と教わりました。自分も絶対にそのような人生を歩みたいと強く思いました。

同時に、その心の師からは、
『今のままでできない事はやり方を変えよう。』 『自分一人ではできない事はできる人とチームを組もう。』 『与えられた今の状況でできなくても、あきらめずにやり続けよう。』
という出来ない3つの原則を教えていただきました。

人との出会い

思いとは通じるものです。人との出会いを楽しみながら積極的に異業種の方たちと情報交換していると、 ある時、差し入れた神戸夢物語と神戸夢色風船(この時は両菓子ともネーミングは違います)にいたく感動していただき、 「このお菓子をもっと全国に広く認知してもらおうと販促支援チームを組んではどうだ」という話をあるマーケティング・コンサルタントの方 からアドバイスをいただきました。

夢プロジェクトの発足

その後、その方が主宰されている学生の就職活動支援の将来塾 の講座にオブザーバーとして招かれ、お菓子についての思いや夢を塾生である学生たちの前で、たった3分間のスピーチをしたところ、 「新しいお菓子を応援していきたい」と私の思いに共鳴してくれ、なんとその塾生の有志が販促支援チームへと結成する運びとなったのです。 私も若い新鮮な感性が伝統ある和菓子屋の経営にも必要だと感じていたこともあり、嬉しく思い承諾いたしました。 そのチーム名は、『夢プロジェクト』と命名され、平成16年1月に発足しました。

夢プロジェクトとともに

現在、メインスタッフは12名。それにメーリングリストへの参加している関西の学生たちを合わせると350名にものぼります。 まず最初に行ったことは、2アイテムのネーミングを夢プロジェクトで一般公募しました。集まった300〜350種類の中から『神戸夢物語と 神戸夢色風船』が生まれました。(神戸夢色風船は、新神戸ロープウェーの“神戸夢風船”の暖かみのある丸いフォルムが似ていることから 名づけました。)

そして、パッケージのデザイン、キャッチコピー、チラシ等の販促物など、次々と企画・制作をしていきました。

夢プロジェクトでは、月1回、営業戦略・メディア戦略・ネット戦略・実績報告・中長期目標などを議論する実践の営業会議 “夢会議”を行っています。この夢会議は、弊社経営の中核に位置する会議です。そんな重要な場に学生たちが参加する機会がある事は、 珍しいことだと思われます。

平成16年の春より、神戸ブランド発信の玄関口と位置づける神戸の一流ホテルでの販売が開始するなど、夢プロジェクトの成果が着実に実り始め ています。神戸夢物語と神戸夢色風船を新しい神戸ブランドとして全国に認知されるようこれからも皆と力を合わせて頑張りたいと思っており ます。

神戸ハレルヤ製菓 三代目 岡稔久

Home » 会社情報  » 神戸夢物語の誕生秘話

トップページへ戻る